読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球にハマったど素人が気まぐれに更新する野球ブログ

野球未経験ながら野球の面白さにどっぷりハマった筆者が茨城野球中心に気まぐれに更新していく野球ブログです。茨城の球場に出没。G-TIMESにて野球記事を執筆しています。

名将と名伯楽が作り上げた「YOKOHAMA」ブランドを引き継ぐ平田監督が新横浜伝説を作れるか!

栄光より挫折、成功より失敗、勝利より敗北

約半世紀近く、横浜高校を率いた渡辺元智氏。春夏通算5度の全国制覇を成し遂げ、今でこそ全国を代表する名門ですが、50年の指導歴は華々しいものだけではありませんでした。

横浜高校の監督になったのは24歳の時で、当時は”しごき”、”根性野球”といった理屈のない指導が流行っていました。渡辺氏も同様の指導をしてきましたが、「このままでは原貢氏(東海大相模元監督)を超えることはできない」と指導の内容を変えていきました。

厳しい練習に耐えかねて、故郷に泣きじゃくる選手を説得したり、自殺をほのめかすサインを出してきた選手を必死に止めることもありました。今の「栄光、成功、勝利」に辿り着くのは簡単なものではありませんでした。


数々のプロ選手を輩出した育成力

プロ入りした教え子は50人を超えているという渡辺元智氏。その中でも、夏の甲子園決勝でノーヒットノーラン達成、メジャーでも活躍を見せた”松坂大輔”選手(西武入団)や、今や球界を代表する主砲に成長した”筒香嘉智”選手(横浜入団)、プロでも活躍を見せている”涌井秀章”選手(西武入団)、”成瀬善久”(西武入団)が代表的です。

名門である以上、常に全国優勝と向き合わなくてはならない横浜高校は、たとえ優勝できる条件が揃っていなくても、常にそういう気持ちでトライする人間性を重んじています。そして、頂点に上り詰めたら一度下り、新たな心構えを持つことが強さの秘密です。


渡辺・小倉の名コンビで名門横浜は誕生した

横浜高校は、技術論と人間論の二つのアプローチをしています。技術面を教えるのは「名伯楽」として有名な横浜高校元コーチの”小倉清一郎”氏で、あの松坂大輔選手も小倉氏が発掘し、甲子園春夏連覇の大エースに育て上げたのは有名です。

小倉氏は対戦校の投手陣や打線を徹底的に分析する「参謀」として知られ、対戦校の特徴を事細かに記されたノートは「小倉ノート」言われており高校球界でも有名です。

一方、渡辺氏が教えるのは人間力で、横浜高校の野球しかしらない選手達のために、政治家や企業家など異業種との交流を図り、考え方を吸収し選手達に伝えていきます。伝えていくことによって、視野を広げ、いろんな角度から物事を見れるようになります。

横浜高校の選手達の「技術力と人間力」を伸ばしていくのに、渡辺氏と小倉氏の二人三脚での指導がなければ、今の横浜高校はなかったでしょう。



二人同時に辞めてしまったら、チームが混乱してしまう
「参謀」として長年、陰ながら渡辺氏を支えてきた小倉氏が70歳を区切りに勇退。当初は、渡辺氏も小倉氏と一緒に辞める予定でした。しかし、「私を慕ってきて来てくれた選手もいるから、簡単に辞められない。」さらに、「小倉と一緒に辞めたらチームが混乱してしまう」とチームに残ることを決めました。

翌年、最後の指揮を執ることになる夏の大会では、県決勝で後に、甲子園を制覇する東海大相模に敗れましたが、チームを受け継ぐ後輩達からは、「来年以降は渡辺監督がいなくても大丈夫」と頼もしい声が上がっていました。

数々の名言を生んだ名将、そしてそれを実行した松坂大輔

渡辺氏は監督人生の中で数々の名言を残しました。その中でも、「目標がその日その日を支配する」は有名ですね。渡辺氏は、2年夏時、県予選決勝で敗れた松坂選手にこの言葉を送りました。

この言葉を大切にした松坂選手は、自身の目標を【甲子園出場】から【甲子園優勝】に変え、それ以降の練習の取り組み方も変わっていきました。その結果が、高校3年での甲子園春夏連覇に繋がりました。

歴史に残る春夏連覇は、松坂選手だけでは成し遂げることはできなかった、あの時の負けた悔しさ、渡辺氏のあの言葉があったからこその春夏連覇でした。

新生横浜高校の伝説の始まり

2015年夏に渡辺元智氏が横浜高校監督を勇退し、監督を受け継いだのが前部長を務めていた”平田徹”現監督。2006年に同校コーチに就任し、2010年に野球部部長になりました。渡辺氏・小倉氏の下で10年近く、野球部に携わっており、監督を受け継ぐのは自然な流れでした。

[これまで常にベンチにいた渡辺監督と小倉部長はもういない]それでも平田新監督は平常心で臨むことを心がけています。横浜高校は、常に勝つのが当たり前のチーム。短いスパンで、しっかり結果を出すことが求められます。

平田監督が就任しての新チームは、秋季大会で東海大相模を圧倒。「渡辺チルドレン」が残り、エースである最速151㌔右腕”藤平尚真”投手に注目が集まっています。渡辺・小倉イズムを伝承した平田監督。この夏、新しい横浜伝説の始まりに目が離せません!